ビットコイン誕生ストーリー

目安時間:約 5分

ビットコインが誕生することになったのは2008年に

サトシ・ナカモトという人がビットコインの論文を

投稿した事がきっかけと言われています。

ちょうどリーマンショックが原因で人々が

金融機関を信用できなくなったことも

一因とも言われます。

 

 

このサトシ・ナカモトと言う人が誰なのかは謎。

日本人の名前ではありますが・・・・・

 

 

この論文は従来の管理者が通貨を発行するという

仕組みではなく、P2P(管理者を通さず、

人と人とが直接やり取りすること)

の仕組みを利用して分散処理し、

暗号化の技術と組み合わせることで、

ビットコインの信頼性を担保するというもの。

 

 

この考え方に、多くの研究者やプログラマーが触発され、

有志が集まってプログラミングを行い、

2009 年にビットコインが誕生しました^^

今8歳ってところですかね~。

 

 

初めは経済活動が目的ではなかったようですが

取引は2010年5月17日に行われました。

お遊び感覚だったのでしょうね~。

 

 

当時1ビットコインが1セント以下のレートだった時、

Laszlo Hanyeczという名前のプログラマーが
2枚のピザを1万ビットコインで取引成立させたのが

最初になります。

2010年5月17日にビットコインでピザを買いたいと

いうリクエストをビットコインフォーラムに投稿したところ、
5月22日に取引が成立したのだそうです。

 

 

このピザ屋さんはビットコインどうしたのでしょうね?

気になる~(笑)1万ビットコインって凄いですよね。

 

 

 

その他にもまだあまりビットコインが

知られていなかったころ、
ノルウェーの男性が約2,400円分のビットコインを

何気なく買ってみたというのです。

ところが4年後、それが約1,800万円まで

高騰していてびっくり!

たった2,400円で買ったビットコインを元手にオスロ市

(ノルウェーの首都)に家を買うことができた、という

とても羨ましいお話もあります。

 

 

まとめると

2008年 ビットコインの論文が投稿される

2009年 ビットコイン誕生

2010年 ビットコイン初取引

という感じ。

 

 

2012年後半と2013年のキプロス金融危機の際には、

ビットコインの価格は高騰。

最近では何かあるとビットコインの価格は上がる傾向。

(以前なら金とか米ドル、スイスフラン)

2014年のマウントゴックス事件で価格は暴落しましたが

2017年8月のハードフォークも無事通過し

ここから価格はどんどん上がっていきました。

 

 

8月  30万円台

9月  50万円台(途中、中国が取引所閉鎖という事で暴落)

10月  70万円台

11月  120万超え

12月  220万超え

 

因みに今年2017年1月と言えば

8万円から15万円位での取引でしたので10倍以上!

 

 

価値は何処まで上がるのでしょうね!

ガチホ(がっちりホールド)の人も多いようです。

なんせ発行枚数決まっていますからこの先取り合いに

なるのかもしれませんね~。

多少下がっている今買うべきか?

まだ下がるのを待つか?

まぁ買えても少しですけど(笑)

 

 

しかし2400円が化けた例もありますからね^^

ちょっぴり買っておこうかな~♪

あなたはどうしますか?

 

 

 

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

 

 

 

 

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

ページの先頭へ