各国通貨と仮想通貨の時価総額

目安時間:約 5分

最近はビットコインの高騰もあり時価総額が上がっている

仮想通貨ですがこのほど

国際決済銀行( Bank of International Settlements )が

調査した結果が出ていました。

 

 

1位 アメリカドル:150兆円
2位 ユーロ   :130兆円
3位 人民元   :110兆円
4位 日本円   :93兆円
5位 ビットコイン:30兆円
6位 インドルピー:27兆円
7位 ルーブル  :12兆円
8位 ポンド   :11兆円
9位 スイスフラン:8.3兆円
10位 ウォン   :8.1兆円
11位 メキシコペソ:7.9兆円
12位 イーサリアム:7.8兆円
13位 カナダドル :6.4兆円
14位 ブラジリアンリアル:6.4兆円
15位 豪ドル   :6兆円
16位 サウジアラビアリアル:5.8兆円
17位 香港ドル  :5.2兆円
18位 トルコリラ :3.9兆円
19位 BTCキャッシュ:3.6兆円
20位 昭南ドル  :2.9兆円

 

 

調査の時点ではビットコイン6位でしたが・・・

最近の高騰により世界5位!

上位20位以内に仮想通貨3つです。

 

 

何だか凄いですね~。

国が発行している通貨(フィアット通貨)

と肩を並べてきているこの現実。

 

 

確かにフィアット通貨は「信用できない」と

言う人も多い様です。

(預金封鎖や通貨切り下げなどされた国は特に!)

 

 

ジンバブエではハイパーインフレに見舞われていて

自国の通貨ではなく「ビットコイン」が逃避先なのだそうです。

仕送りなどにも使うそうです。

 

 

なのでジンバブエでは他の国の取引所よりも

ビットコイン価格が高くなっている事が多かった。

最近では「有事の金」ならぬ「有事のビットコイン」と

言う人も出てきています。

 

 

詐欺という人もいれば素晴らしい技術だと言う人もいる

この仮想通貨ですが何はともあれ

注目していきたいと思っています。

 

日本では送金に不便さを感じる事ってあまりないけれど

銀行網が発達していない国も多いのだそうです。

そもそも銀行口座を持っていない人も!

そんな人達からすれば送金スピード、手数料は魅力的なの

でしょうね~。

(最近はビットコイン価格が高くなっているので

それにつれて手数料が高騰していますが)

 

 

日本でも振込みって土日や祝日、夜間は無理。

でも仮想通貨は24時間、365日送れる。

これは便利だな~と思う。

 

 

国に管理されないシステムだったり

暗号化技術だったり

さらには発展系のスマートコントラクトなんかも

今後どんどん便利になっていくのでは?と期待。

 

 

やっぱり仮想通貨、目が離せませんね!

 

 

そうそうそのビットコインなのですが

最近では一部のマイナーが独占的な感じになっているようで

自分達の手に取り戻す!というコンセプトを

立ち上げたICOの案件の予約がスタートしました。

このコインは値上がりを期待というよりも

コインを持っていればマイニングされたコインが分配される。

今までとは趣向の違うICOだと思う。

 

 

ご興味がある方は⇩⇩

 

マイニング市場の健全化!

REGAINは、ユーザー主導のビットコイン市場を取り戻し、
「ビットコイン市場の安定」の実現を目的としたプロジェクトです。

【REGAIN 事前登録はこちらから

 

 

 

 

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

ページの先頭へ