老後資金のシュミレーションしてみたら?~50代独身女性の場合~

目安時間:約 9分

先日、ライフプランシュミレーションなるものを

やってみました。

老後資金が気になってるので・・・

こちらでできます(ゆうちょのライフプラン)

 

 

 

なんと・・・・衝撃の結果が(笑)

老後資金のシュミレーション!綺麗な右肩下がり(笑)

 

 

 

 

スポンサーリンク


 

 

な~んとこのまま行ったら64歳でマイナス3859万円

85歳ではマイナス10693万円

億越えってある意味凄い(笑)

 

 

 

設定の部分で

今のライフスタイルは

旅行に行ったり、欲しいものを買ったりと、

貯蓄より生活を楽しむことを重視しているを選び、

老後のライフスタイルは

旅行や趣味などを、アクティブに楽しむ生活を送りたい

そして定年は60歳、退職金なし!を選択したところ

こうなってしまいました(笑)

 

 

 

もう既に現在の収入では旅行に行ったり、

欲しいものを買ったりの生活をしたらマイナスになり、

15年後の65歳では

ざっとマイナス4千万です(泣)

毎年260万円の赤字だそうです・・・

 

 

 

その後の20年で6千万円ほど赤字になってますから

毎年の赤字がおおよそ300万円。

恐ろしい金額ですね~(笑)

 

 

 

ファイナンシャルプランナーからのアドバイス

書いてありました~。

 

~以下引用~

現役時代に家計が行き詰まることが予測され、

さらに退職後も厳しい状況が見込まれます。

早急に家計の改善が必要です。

毎月の支出と今後の収入を見直し、

改善ができないかを検討します。

現在の収支状況を見直すことができれば、

将来の家計の状況も改善します。

家計の改善とともに、

貯蓄体質を身につけるように意識していきましょう。

~引用ここまで~

 

 

 

改善できる感じの金額には思えないですけど・・・

収入も少なめに出したのもあるけど酷いわ~。

 

 

 

家賃設定5万円

車はなし

わかりやすいように月収は20万円で設定

配偶者なし

これでシュミレーションしてみた訳です。

 

 

 

老後に余裕ある生活しようと思えば月25万円は

必要という計算なのですよね。

 

 

 

老後資金のシュミレーションはあくまでシュミレーション

ではありますが考えさせられます。

 

 

 

もし仮に年金が貰えたとしても私の場合は国民年金なので

5~6万かな?

大幅に足りないのだけは分かりますね~!

 

 

 

家賃は市営住宅あたりに入居できれば安くはできそうですが

他の食費、光熱費、水道代、通信費、保険料などは必須です。

節約しても~

食 費 4万円

光熱費 1万円

水道代 3千円

通信費 1.5万円(格安スマホにする?)

(インターネット接続費含む)

保険料 1万円

(国民健康保険と生命保険合わせて)

計 7.8万円+家賃

 

その他交際費やら病院代なんかも必要になって

くるので家賃が2万円以下でも10万円は

最低の最低いりますよね。

 

あ~交通費なんかも・・・・

歩くのも大変になってきてタクシー代なんかも

嵩んできそうですし~

サプリなんかの健康維持の費用も・・・

ぎゃ~考えたくないわ~!!!

 

 

 

でもちゃんと向き合わなきゃいけないので続けます。

 

スポンサーリンク


 

 

 

では続き・・・・

ミニマムで生活して老後生活費月12万円

(家賃は市営住宅と仮定して2万円以下!)

仮に年金があったら半分の6万円が入ってくる。

 

 

 

残りは月に6万円。

70歳までは現役で働いて生活費を賄う!

残りは何年だろう?

現在父83才、母80才二人とも健在だから

私ももしかしてそれ位まで生きるのかも~(怖いね~)

だとしたら?

15~20年分の生活費は貯金なり

不労所得なりで賄わなきゃいけないので

貯金は6万円×12か月×20年=1440万円必要

それに入院するかもしれないしお葬式代なんかもいる。

(きっと9歳年下の妹がお葬式してくれると信じて)

それに500万位はあった方がいいでしょうね~。

 

 

 

入院も大部屋だと保険で賄えるでしょうけど

普段おひとりさまの私にはきっと辛いだろうな・・・

個室だと月20万とか30万別途かかるようなので

お金準備していたいな~。

 

 

 

2000万円を10年で貯めるとなると年200万

20年でも年100万円

う~ん。無理!(笑)

 

 

 

やっぱり不労所得、投資頑張らないといけない!

年金に頼らず生きて行きたいですから。

なので今から暫くは節約して

不労所得構築の種銭を創らなきゃ!!

 

 

 

一応不労所得の目星はついてるのであとはお金の準備だけ(笑)

今日日中にそのシュミレーションしていたのですが

案外これならいけるかも~という気になれて

とても楽しい妄想のひと時でした^^

 

 

 

結論

まずは節約して、稼ぐしかない!

頑張ろう~♪

 

スポンサーリンク


老後生活費って国民年金以外にいくら必要なのだろう?

目安時間:約 7分

おひとりさまの老後生活費はいくら必要?平均は?

そもそもおひとりさまの老後生活費っていくら必要なのだろう?

統計によると平均的老後生活費が

 

食費    32,905円
光熱・水道   13,127円
家具・家事用品  5,650円
被服及び履物  4,656円
保険医療    8,600円
教養・娯楽  16,055円
交際費  21,265円
その他  15,221円

 

消費支出計 117,479円

 

 

 

これに住居費がいりますよね。

今と同じ位としてプラス5万円で

ざっくり17万円位。

 

 

 

生活スタイルによって金額は変わるでしょうから

一概には言えませんが「健康維持費」みたいなものは

増えるのではないかと思います。

 

スポンサーリンク


 

 

健康維持費って何?

私が勝手になづけましたが例えば「サプリメント」

少しづつ増えていませんか?

 

 

 

靴なんかも足に負担がこないように良いもの買いたいですし

「体に良い」と言われるものに反応してしまいそうです(笑)

 

 

 

年齢を重ねると「化粧品」もお値段上がります。

(健康には関係ないかもしれませんが!)

 

 

 

 

今より増える出費は?

医療費。(増やしたくないですけれど)

食費。(食事も作るのが面倒になるってよく聞きます。)

サプリ代。

化粧品代。

光熱費(家にいる時間長くなるため)

交通費(タクシーに乗ったり、歩くのがおっくうになるため)

趣味・娯楽費(時間はあるので暇を持て余す)

 

考えると思いのほかお金かかるかもしれないですよね。

(ちょっと怖くなってきました!)

 

 

 

では減る支出は?

人によってもちろん違うとは思いますが・・・・

飲み代。

税金関係。(仕事しなくなったら保険料や年金も)

カットやパーマ代。

メイクアップ用品代(家ではすっぴんで!)

洋服代(あまり出かけなくなる)

 

 

 

私の場合は増えるもの、減るものあるのでトントンかちょっとプラスな

イメージですがそれはある程度健康だと仮定してのもの。

 

今の支出が老後も必要として考えた方が良いようですね。

 

 

年金っていくらもらえるの?

私はほぼ国民年金なので平均が1か月5万5千円。

(所得によりますが厚生年金加入なら女性の平均11~14万)

国民年金だけだとかなり辛いですね!

 

スポンサーリンク


 

まとめ

支出は現状位と仮定して15万円。

入って来る年金は5万5千円。

ざっくり10万円のマイナス(月に)

65歳から平均寿命の87歳まで生きるとしたら?

10万円×12か月×22年=2640万円が年金とは別に必要。

それにお葬式代やら入院費用やらも用意したいとなると

3000万は軽~くいりますね。

 

 

 

これを今から貯金しようとしたら・・?

65歳まであと14年。

3000万*14*12=17.85万円(月)

もう無理って金額に・・・・・

 

 

 

いやいや早めの準備が必要だと再確認しました!

(今更遅いかもしれませんが)

 

 

 

私の対策!

①75歳までは働く(せめて70歳まで)

②2~3年以内に収入源を複数創る。

(自分のビジネスを持つ)

③不労所得を構築していく。(資産運用も)

④投資のスキルを磨く

⑤体を(特に足腰)鍛える(健康維持のためなるべく歩く)

 

 

 

仮に①が可能であったらそれだけでも10年分のお金は

収入として入ってくるので必要額から-1200万円。

③で不労所得が月に10万円でも65歳からでも入ってくれば

収支はプラス圏になり生きのびる事が出来るかもしれません^^

④でトレードで利益が出せるようになれば?

もっと余裕ができますね~^^

 

 

 

貯金も大事ですが収入を増やしたり、運用も考えていきたいですね!

 

スポンサーリンク


 

カテゴリー

ページの先頭へ