老後の仕事と生き甲斐~ライフワーク~

目安時間:約 8分

今日はライフワークについて書いてみたいと思います。

何でも仕事には3種類あって

ライフワーク

ライクワーク

ライスワーク

(ちょっとダジャレみたいですが!)

ある意味仕事=生き甲斐という場合も多いと思います。

という状態がライフワークかな?とも考えます。

 

 

 

ライフワーク

好きな仕事でしっかり収入もある状態。

生き生きと楽しくかつ楽に仕事出来ているいわゆる天職です。

最終的にはここを目指したいですね~^^

 

 

 

ライクワーク

好きな仕事ではあるけれど収入が少ない・・・とか

やたら時間を取られてしまうような状態。

好きな仕事であるから良いような気もしますが収入が少なかったり、

時間効率が悪いと結局は苦しい。

他のバイトなどで収入を確保しなきゃいけない状態にもなってしまう

ある意味今の私状態(笑)

(借金なければバイトしなくてもいいのですけど・・・)

 

 

 

ライスワーク

これは食べて行くための仕事。

お金のため、食べるためには仕事しなきゃいけないけれど

好きでもない仕事なので疲れますね。

 

 

 

出来ればライフワークを確立できれば理想的ですね!

 

スポンサーリンク


 

 

ただそれには需要と供給の問題も考えなくてはいけない。

自分が好き=人も好き

とは限らないから・・・・ここが辛いところです。

 

 

 

自分ではこれ良い~♪と思っていても

受け入れてもらえないものってけっこうある。

(私が好きなものはそれが多いの~)

 

 

 

当然ある一部の人には受け入れて貰えるけれど

数がすくないと「仕事」にはなりにくいから

需要があるもののなかで自分が好きになれそうなものを

探すのが賢い選択かもしれないな~と最近思います。

(と、学んだのです)

 

 

 

「需要がある」を考えてみる

①出来るだけ多くの人が求める事

②それにお金を払ってもらえる事

③ライバルが多すぎない事

 

 

 

 

①出来るだけ多くの人が求める事

これは色々なものがあるでしょうが・・・・

「お悩み」を解決できる物やサービスって感じでしょうか。

ダイエットしたい=ラ○ザップとか

アンチエイジング=エステ

肩こり何とかしたい=マッサージなどなど・・・

 

 

 

②お金を払ってもらえる事

そうでなくては仕事にならないので趣味になっちゃいます。

けっこうここが難しかったりするのですよね~。

どこまで仕事でどこからが仕事外みたいな

ルールを自分の中で決めておかなければごちゃ混ぜに・・・

(自業自得なのですが私はこれで良く嫌な気分になってしまう)

 

 

 

個人で引き受けるお客様に対して「占い」とその後のお話し

(おしゃべり)が区別できないというか

カードは使わなくても、結局そのテーマについて

ずっと話している事が多いので

私にしたら占いと一緒なのですが

お客様にとっては違うのだろうな~という感じ。

しかも1時間以上とかかかってしまったりして自己嫌悪。

 

 

 

サービスの一環にしてはやり過ぎだと思えていました。

結局友達なのかお客様なのかの区別をきちんとしていない

私が悪い訳でそこのけじめつけれるようになりたいと思う。

 

 

 

お金が請求しにくいっていうお話もよくお聞きしますね~。

喜ばれるから良しと出来る位に他で収入があれば

それも解決するかな~とも思えますので

不労所得早く作りたい!もしくはトレードで稼ぎたい~(笑)

 

 

 

③ライバルが多すぎない事

ある程度は認知されていないと需要もないからという感じですが

やはり飽和状態では新規参入に腰が引けてしまいますよね。

同じエステでも斬新な手法だったり、

めちゃくちゃ効果がでるダイエット法だったりすれば

今からでも十分戦えるはず。

 

 

 

需要がある市場でちょっと目新しい手法で売り出す

最初の認知に時間はかかるかもしれませんが

副業あたりから初めて2~3年かけて需要の拡大・・・

余裕を持ってゆったりやるのが良い気がします。

あとはお客様を絞る。

お腹周りをマイナス5センチとか

ふくらはぎとか~お顔だけ痩せとか~?

特徴を明確にするのも良いですよね。

 

 

 

すぐに結果が欲しいけれど、蒔いた種が芽をだし

大きく成長するには時間がかかるから

焦らなくて良い状態からが精神的にも良いと思う。

 

 

 

余裕なくて最初から大きく初めてしまうと

苦しいですし対人面もギスギスしちゃいますよね!

自分が余裕ないのになかなか人に優しくは難しいから

「余裕」を持って「時間」かかっても良い状態で

スタートしたいですね!

スポンサーリンク


 

カテゴリー

ページの先頭へ