50代の体をケアするためスマートウォッチ買ってみた^^

目安時間:約 8分

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村

 

 

先日「歩くと病気のリスクが減る」という

事を知った私はそれからせっせと歩いているわけですが

万歩計って時々落ちちゃったりしてスマホにする?とも

考えたのですが「スマートウォッチ」を

購入してみました。

その記事はこちらです。

 

 

 

楽天のポイントがけっこう貯まっていたので

「これはきっと買えと言われてる~」と

都合の良い言い訳をして買っちゃいました!

(一体誰に言われたのでしょう?謎です(笑))

 

スポンサーリンク


 

スマートウォッチとは?

色んなタイプがあるのですが

時計の機能

電話やメールが出来るタイプあり

(お知らせ機能がついているものも)

万歩計

心拍数

血圧

睡眠測定

決済が出来るタイプあり

 

スマホの簡易版で腕につける機器というイメージ。

(腕時計の進化版?)

 

 

 

お役立ち機能は?(個人的に)

万歩計

電話がなったら知らせてくれる(バイブ)

時計(いちいちスマホ見なくて良い)

血圧計(測るの面白いだけですが)

心拍数計測

歩いた総距離もわかる

 

 

 

まだ買ったばかりなのであまり使いこなせては

いないのですがまずは万歩計。

軽いのでつけていても気にならないし

睡眠モニターみたいな機能もあって

データがスマホに出てくる。

 

 

 

実際寝床に入っている時間より

少なく表示されていたから

しっかり寝ているのはその少ない時間なのかな?

ただ睡眠の評価は良好になっていました(笑)

 

 

 

活動中と浅い眠りと深い眠りがちょうど

同じくらい。

私とても寝相悪くてコロコロ動くみたいなので

寝ていても活動してる状態?

内容は良く分からないけど睡眠状態が良好ならいいや(笑)

 

 

 

血圧測ったら疲労レベルとかも出てきて

31%でしたがこれがどのレベルなのか?は

良く分かりませんがあまり高くない気はします(笑)

もっと働け~という事でしょうか?

 

 

 

測定結果がどこまで正確なのかは分かりませんが

目新しいものだからか楽しく使っています^^

 

 

 

難点は充電。

丸一日は十分使えますが寝てる間もモニターを

したかったら充電するのは何時したらいいの?

って思っちゃいました!

 

 

 

耐水ではありますが

お風呂にはつけては入れないのでその時間と

寝る前のひと時かな~?

ある一定歩いていたら(歩数稼げていたら)

夜はそんなに部屋もウロウロしないから

外して充電してつけて寝る。

今のところこのペースでやっています。

 

 

 

 

目標は毎日8000歩。

一気に歩くよりも2~3回に分け歩く方が

私にはあっているみたい。

設定したら達成率もでてくるので

ちょっとやる気になれています(笑)

 

 

 

後少し!と思うと家の中をウロウロしてみたり

(意味もなく!)

して歩数を稼ごうとしてしまう(笑)

記録が残っていくので一目瞭然です。

なるべく毎日達成しておきたいとつい思うので

良い相棒になってくれているようです。

 

 

 

これで2000円ちょいだったので

良い買い物だったかな~と思います^^

 

 

 

今後しばらくつけて歩いたり、仕事したりして

疲労レベルが高い日が何曜日とか

この仕事のあとが疲労レベル高いとか

分かってくるのかも~と思うと

ちょっと楽しみ(笑)

 

 

 

体が疲れる仕事の方が疲労レベルは上がるのか

精神的に疲れる方が上がるのか?

ここも興味があるところです。

 

 

 

ボディケアの仕事は体はいくらか疲れるだろうと

思うのですが精神的には楽。

一方コールセンターでのバイトは体は疲れないはず

だけれども精神的なのか短時間でもけっこう疲れます。

(あくまでも私はです)

 

 

 

慣れなんかもあるのかもしれないけれど

好き嫌いもあるのでしょうね~。

プレッシャーも!

 

 

 

しかし老後のためにも今は頑張る時と言い聞かせ

毎日なんとか乗り切っています。

他の人に言わせれば大したことじゃなくても

私にとっては辛い事もある。

もちろん反対もあるようなので

疲れとか辛いって感覚はその人にしか

分からないものなのでしょうね。

きっと・・・・

 

 

 

機械だけで判断は出来ないものも多いけれど

ある程度の目安として使っていこうと思います。

しかし世の中には色々なものがありますね~。

スポンサーリンク


カテゴリー

ページの先頭へ