おひとりさまの最後のとき~後始末~

目安時間:約 8分

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村

 

 

 
最近はよく耳にする言葉「孤独死」

50代おひとりさまの私にとっては他人事ではない。

いつどうなるかは分らないわけですからね。

 

 

 

今日読んでいたニュース

孤独死の後に残った現場の知られざる後始末

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181230-00257036-toyo-bus_all&p=1

 

 

 

その中で特殊掃除業という仕事をされている

方のインタビュー記事などがありました。

 

 

 

孤独死の後発見が遅ければやはり腐敗して

臭いなどがかなり強烈なのだそうです。

夏場や冬でも暖房を入れるのでその時期は

さらに進みが早い。

 

 

 

おひとりさまとしては出来るだけ残された人や

関わる人に迷惑はかけたくない。

ましてや部屋で発見されずに長期間になる状態は

出来るだけ避けたいと思ってるけれど

どうしたらいいのかな~?

 

 

 

 

 

 

仕事をしている間はきっと連絡が取れないのは

おかしいと暫くしたら気が付いてもらえそうだけど

仕事しなくなったら考えものですよね。

 

 

 

その場合は介護施設にお世話になる?

もしくは高齢者専用のマンションに入るとか?

それだと早めに見つけて貰えそうですが

入れるのかな?

 

 

 

一時金や毎月の費用もけっこうかかるでしょうしね~

おおよそ安くても月に12~13万。

ちょっとグレード上がると17~18万円位

う~ん国民年金5~6万円だけしかない

50代おひとりさまの私には現状無理っぽいな~(泣)

 

 

 

不労所得や配当などで月に20~30万円位あれば

なんとかなりそうですけどね!

 

 

 

迷惑かけたくないと思うのならなんとか

するしかないですね。

 

 

 

なんとか頑張って75歳まで仕事をする。

年金受給を繰り下げ42%増やす。

不労所得をつくる~。

 

 

 

この3つが上手く行けばなんとかなりそう

なのですが年金がそもそも75歳からの

受給になってたりしたら・・・笑うしかない。

 

 

 

この先24年間程働くつもりで

計画を立てていかなきゃいけない。

 

 

 

 

 

 

あと4年はボディケアするとして辞めたら

その後は「すかいらーく」でバイト始めるかな?

定年75歳になってるから(笑)

 

 

 

60歳位までボディケアの仕事してる人も

いらっしゃるけれどどうなんだろう?

出来れば続けて行きたい気もするけれど

こればっかりは何とも言えないから

勝手に限界決めずに

出来るところまで行ってみよう^^

 

 

 

占いやヒーリングはライフワーク

みたいな感じだしこれはきっと年齢高くなっても

行ける気がする。

(実際80歳の母もそれなりにやってるし)

 

 

 

お店に勤めに行くのは辛くなりそうだから

少しづつその方向にシフトしていかなきゃ。

色々考えなくてはいけませんね!

 

 

 

家で出来る仕事が他にもあると心強い。

パソコン、ネット使って出来る事や

投資もやっぱり外せない。

 

 

 

収入源は大いに超したことはないので

来年2019年からは細くてもいいので

長く続く収入源を作って行きたいな^^

 

 

 

考える事、やる事は山積みですが

まだ時間はある。

5年の月日をかければ結構何かしら

出来る感じはするので焦らないで

一つづつ積み上げて行きたいと思う。

 

 

 

もう50歳を過ぎたから・・・・

と言う思いも無い訳じゃないけれど

まだまだ生かされている訳なので

「頑張りなさい」と言われている気がしてるから

きっと道は見えてくるはず(笑)

 

 

 

今からだって遅くないと信じて

チャレンジしなきゃ!

(自分に言い聞かせています(笑))

 

 

 

神様は意地悪じゃないって信じて!

(宜しくお願いいたします)

 

 

 

人生100年時代と言われていますので

もし100歳まで生きるのなら

75歳からも25年もあります。

 

 

 

可能性が0ではない以上100歳まで

生きるかもしれない想定で

今後は計画立てていかなきゃですね。

 

 

 

出来れば早くリタイアして悠々自適な

生活して行きたいですけどね!

夢も見つつ現実も見ながら

出来る事をできるだけ頑張っていく。

するとチャンスも来るのかも~^^

 

 

 

相変わらずおめでたいですね!

 

 

 

カテゴリー

ページの先頭へ