老後生活費って国民年金以外にいくら必要なのだろう?

目安時間:約 7分

おひとりさまの老後生活費はいくら必要?平均は?

そもそもおひとりさまの老後生活費っていくら必要なのだろう?

統計によると平均的老後生活費が

 

食費    32,905円
光熱・水道   13,127円
家具・家事用品  5,650円
被服及び履物  4,656円
保険医療    8,600円
教養・娯楽  16,055円
交際費  21,265円
その他  15,221円

 

消費支出計 117,479円

 

 

 

これに住居費がいりますよね。

今と同じ位としてプラス5万円で

ざっくり17万円位。

 

 

 

生活スタイルによって金額は変わるでしょうから

一概には言えませんが「健康維持費」みたいなものは

増えるのではないかと思います。

 

スポンサーリンク


 

 

健康維持費って何?

私が勝手になづけましたが例えば「サプリメント」

少しづつ増えていませんか?

 

 

 

靴なんかも足に負担がこないように良いもの買いたいですし

「体に良い」と言われるものに反応してしまいそうです(笑)

 

 

 

年齢を重ねると「化粧品」もお値段上がります。

(健康には関係ないかもしれませんが!)

 

 

 

 

今より増える出費は?

医療費。(増やしたくないですけれど)

食費。(食事も作るのが面倒になるってよく聞きます。)

サプリ代。

化粧品代。

光熱費(家にいる時間長くなるため)

交通費(タクシーに乗ったり、歩くのがおっくうになるため)

趣味・娯楽費(時間はあるので暇を持て余す)

 

考えると思いのほかお金かかるかもしれないですよね。

(ちょっと怖くなってきました!)

 

 

 

では減る支出は?

人によってもちろん違うとは思いますが・・・・

飲み代。

税金関係。(仕事しなくなったら保険料や年金も)

カットやパーマ代。

メイクアップ用品代(家ではすっぴんで!)

洋服代(あまり出かけなくなる)

 

 

 

私の場合は増えるもの、減るものあるのでトントンかちょっとプラスな

イメージですがそれはある程度健康だと仮定してのもの。

 

今の支出が老後も必要として考えた方が良いようですね。

 

 

年金っていくらもらえるの?

私はほぼ国民年金なので平均が1か月5万5千円。

(所得によりますが厚生年金加入なら女性の平均11~14万)

国民年金だけだとかなり辛いですね!

 

スポンサーリンク


 

まとめ

支出は現状位と仮定して15万円。

入って来る年金は5万5千円。

ざっくり10万円のマイナス(月に)

65歳から平均寿命の87歳まで生きるとしたら?

10万円×12か月×22年=2640万円が年金とは別に必要。

それにお葬式代やら入院費用やらも用意したいとなると

3000万は軽~くいりますね。

 

 

 

これを今から貯金しようとしたら・・?

65歳まであと14年。

3000万*14*12=17.85万円(月)

もう無理って金額に・・・・・

 

 

 

いやいや早めの準備が必要だと再確認しました!

(今更遅いかもしれませんが)

 

 

 

私の対策!

①75歳までは働く(せめて70歳まで)

②2~3年以内に収入源を複数創る。

(自分のビジネスを持つ)

③不労所得を構築していく。(資産運用も)

④投資のスキルを磨く

⑤体を(特に足腰)鍛える(健康維持のためなるべく歩く)

 

 

 

仮に①が可能であったらそれだけでも10年分のお金は

収入として入ってくるので必要額から-1200万円。

③で不労所得が月に10万円でも65歳からでも入ってくれば

収支はプラス圏になり生きのびる事が出来るかもしれません^^

④でトレードで利益が出せるようになれば?

もっと余裕ができますね~^^

 

 

 

貯金も大事ですが収入を増やしたり、運用も考えていきたいですね!

 

スポンサーリンク


 

カテゴリー

ページの先頭へ