老後の資産作りに「投資信託」について調べてみる

目安時間:約 8分

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村

 

 

50代おひとりさまの私は老後に向けて

少しづつでも何か始めよう~と思い

最近新たに証券口座(楽天証券)を開設しました。

 

 

 

投資信託にでも投資しようかな~?と

考えているのですがとあるメルマガを読んでいたら

「投資信託」にご注意をと書かれていた。

 

 

 

それは金融庁のレポートから引用と書いてあったので

私もそのレポート見てみる事にしました^^

引用:https://www.fsa.go.jp/news/30/Summary_of_For_Providing_Better_Financial_Services.pdf

(PDFになっています)

 

スポンサーリンク


金融庁の言う投資信託の問題点とは?

①保有期間が年々短くなっていること

②四半期決算ごとに保有数がふえていて

成績をとらなければいけない営業による増加の見込み。

③NISAや積み立てNISAの認知が低い。

 

 

 

他にも色々書かれていましたが今回は

この3つを中心に考えてみたいと思います。

 

 

 

①保有期間が年々短くなっている。

これは②にも繋がるようなのですが

結局「ノルマ」があるために有る一定の顧客に対し

乗り換えを行って成績を上げているのではないか?

という事のようです。

 

 

 

なんせ3月、6月、9月、12月に

販売が増えている(笑)

ある意味分かりやすいですね^^

 

 

 

②は上記で一緒に説明できてしましました。

 

 

 

③認知度が低い

認知度が40%位なのだそうです。

投資信託は知っていてもNISAとか積み立てNISAの事を

知らない人が半数以上?

税制面ではメリットありますがそれは利益がでた場合。

なので使わない人が多い気もしますが・・・・・

レポートによると2014年開設の

2018年現在のNISA口座の8割はプラスの

収益になっているようです。

 

 

 

 

投資信託のここには注意

毎月分配型の投資信託

これ毎月分配があるから良さそうですよね?

しかし分配金が「利益」から出るのなら良いのですが

元本から出ている事が多い模様。

 

 

 

となると気が付かないうちにいつの間にか

元本が減ってるという事態にもなりかねません。

目論見書良く読まなきゃいけないですね!

(あれ字が小っちゃくて読みづらいですけどね)

 

 

 

満期の時期とか解約はいつまでに言わなきゃいけないとか

何年間は解約できないとか細かなルールは

もうその投資信託それぞれでしょうから

銀行の方の営業にただ乗せられないように

しなきゃいけないですよね!

 

 

 

普通に考えて銀行なんかが「お勧め」するものは

銀行にとって利益があるものが多いと

考えていいでしょうからね~。

 

 

 

特に銀行なんかだと自分たちが運用する訳でもなく

ただの仲介です。

最近は本業が赤字の銀行が多いそうなので

どこかで儲けを出さなくてはいけないので

銀行員さんも必死でしょう。

 

 

 

銀行が利益あげないといけないのも分かるので

致し方無い部分もあるとは思うけれど

投資信託で良い思いをした人の話は

残念ながらあまり聴いた事がありません。

 

 

 

では何故に今回何故では投資信託か?というと

長期で考えているからと言う事と少額だから。

何もしないよりはいいかな?という位です(笑)

 

 

 

あとはリサーチも兼ねてかな(笑)

 

 

 

投資するなら日経225連動とか

ダウ、S&Pとか新興国指数連動とか

そんな感じの人の操作が要らないもので

海外のものに投資していこうかと考えています。

 

 

 

自分が当事者にならなければなかなか

真剣に調べようともしないずぼらな私なので

今回口座開設が出来たらもう少し真剣に

調べてみようと思っています。

 

 

 

始める前に「毎月分配金」の事聞けてて

良かった~と思ったので皆様にもシェアさせて

頂きました^^

 

 

 

何かに意識が向くとそれに関しての情報って

本当に入ってくるな~と思う。

これも「引き寄せ」の一歩と思えてる(笑)

 

 

 

投資は自己責任。

おススメされても納得しないのなら

理解よくできていないのなら保留。

大事なお金ですから無駄のないように

して行きたいですね~^^

 

スポンサーリンク


カテゴリー

ページの先頭へ