定年が75歳まで延長へ。

目安時間:約 9分

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村

 

 

 

今日のニュースでみたのですが

 

すかいらーく75歳まで雇用へ

引用:https://news.yahoo.co.jp/pickup/6307397

 

 

 

とうとう定年も75歳まで来ましたね~。

パートやアルバイトの方でベテランの方の

雇用を維持するためなのだそうです。

 

 

 

確かに今の75歳位の方ってお元気な感じの

方が多いと思える。

当然個人差はあると思いますが・・・

 

 

 

70歳超えても働きたい!という人も

いらっしゃるでしょうから

今後の高齢化時代を考えるとこれもアリかな?

と思えました。

 

 

 
スポンサーリンク



 

 

 

人生100年時代と言われますから

それでも余生は25年あるわけなので

少しでも収入あれば嬉しいかな?

 

 

 

早朝とかだとなかなか人員確保も

難しいでしょうからそういう時間帯に

ちょっと2~3時間、週に3日位ならば

そこまで負担にならない?

まだその年齢になってないので

どこまでなのかもわかりませんし

個人差があるから何とも言えないけれど

今後はこういうところ増えてくるでしょうね~。

 

 

 

50代おひとりさまの私としては

働ける場所があるかもしれないというのは

あり難い話だと思いながら

このニュースを読みました。

 

 

 

以前記事にも書きましたが

75歳の壁というものがあるらしく

75歳を境に介護などが必要になる人が

大きく増えるそうです。

 

 

 

案外75歳まで働いていたら

モチベーションも高いので体にも良いのかも

しれませんね!

 

 

 

体の機能もどれだけ鍛えているか?

で落ち方も変わってくるでしょうし

「仕事」と思うと動けたりしますよね^^

 

 

 

休みだとけっきょくぐずって

「今日一日けっきょく何をしたのだろう?」と

思う事が多いのは私だけ??

 

 

 
スポンサーリンク



 

 

 

今は週に一度の休み位ですから

それはそれでいいかな~と思っていますが

長い休み(例えばお正月休みとか)

であったとしても大した事出来てない(笑)

 

 

 

いっそ時間があまりないからこそ集中して

物事ができたりするから

規則正しい生活のためにも仕事って何かしら

あった方が良いだろうな~と思う。

 

 

 

きっと動けなくなったら「働けるうちが花」と

思えるのでしょうね!

(今はまだその境地には達してない!)

 

 

 

75歳がかりに定年だとするとあと24年。

けっこう長いね(笑)

 

 

 

平均寿命が延びて来ている訳だから

定年が延びていくのもある意味当たり前。

出来ればその年齢で「お金」とか「生活」の為に

働きたくはないな~。

 

 

 

何かしら「貢献」したいとか

元気だから何かしたい!とか

人と触れ合っていたいとか・・・

そんな思いで働けるようになっていたい。

 

 

 

年金もあまりあてにできないし

(そもそも国民年金なので少ない)

いつから受給できるのかも怪しいし

今からしっかり働いておかなきゃ!

 

 

 

今後の10年、15年が勝負になって

くるのでしょうね~。

それまでにどれだけ貯金出来ているか?

不労所得つくれているか?

資産を持てているか?

それにかかって来るでしょうから

もう頑張るしかないかな~。

 

 

 

それが出来なかったら・・・

おひとりさまの私は

嫌でも辛くても長く働くしかないので

気を引き締めなきゃ!

(す~ぐダレるタイプなので!)

 

 

 

コツコツ体も鍛えたり、

働いたり、考えたり(企んだり?)

いろいろやって行きながら

試行錯誤の毎日。

 

 

 

でもまだ時間はあるので焦らずに

コツコツ積み上げ!

(自分に言い聞かせています!)

 

 

 

でも高齢になった母や父を見ていると

「今、頑張っておかなきゃ」って

やっぱり思う。

 

 

 

「あの時、頑張っていたら・・・」という

後悔はせめてしないように

出来る事は何でもやる!

 

 

 

出来なくても出来るようになる!

という決意だけはある私です(笑)

 

 

 

しかし物覚えも悪くなってるし

(忘れるのが早くなっただけかもしれません(笑))

頭では分かっても体が・・・・

動けていない~と感じる事も多々。

この先が思いやられますが

それも受け入れるしかない。

 

 

 

そんな私を受け入れ許し、愛します(笑)

だって一生一緒なのですからね!

 

 
スポンサーリンク


カテゴリー

ページの先頭へ