2050年の食料問題とは?老後の食糧事情は?

目安時間:約 8分

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村

 

 

 

今日は食べものについて考えてみたいと思います。

引用:https://fq.yahoo.co.jp/foodtech/1.html

2050年の食料問題より

 

 

 

2050年の食料問題とは?

世界的に人口は増えています。

(日本は例外ですが・・・)

2017年に国連が発表した

「世界人口予測2017年改定版」によると、

その増え方も毎年約8300万人人口が増えていき

現在の76億人が

2030年➡86億人

2050年➡98億人

2100年➡112億人

となっていく予想です。

 

 

 

2018年現在でも世界中を見渡せば

8億人以上、9人に1人は飢餓状態なのだそうです。

 

 

スポンサーリンク



人口が増えて行くにつれてこの飢餓状態の人の

数も増えていく事が予想されていて特に

「タンパク質危機」が騒がれているそうです。

 

 

 

おおよそ2025年~2030年にはタンパク質の供給が

追いつかなくなってしまうのではないか?と

言われているようです。

 

 

 

注目を浴びているタンパク質源とは?

「昆虫」です。

実は昆虫は自然界の75%を占めているそうで

自然界の循環を担っているいる重要な存在なのだそうです。

ちょっと気持ち悪いとかいうイメージが付きまといますが・・・

 

 

 

で、この昆虫を「食べる」という事も考えられているようですが

やはりそこには「抵抗」ありますよね。

 

 

 

今後は人が昆虫を食べるのではなく

昆虫を家畜などのエサにしていく事が

実用的なのでは?と専門家の方がインタビューで

言われていました。

(ちょっとホッとしました~)

 

 

 

どの分野でも技術の進歩が進んでいますから

今後に期待していきたいですね!

 

 

 

老後の食料事情はどうなる?

世界的に食料が不足となってくると

輸入が多い日本は厳しい状態になりそうですよね。

 

 

 

廃棄処分するものもけっこう多いですから

上手く管理できる方法も必要になってくるでしょうし

一人一人の意識も変えていかなくては

いけないのでは?と思える。

 

 

 

食べれるぶんだけ買う。

自分が食べる野菜のうち一部は作る。

 

 

 

今後私はこの「農業」がとても大事になって

くるのではないか?と思えています。

少子高齢化で後継ぎがいない農家も多いと聞きます。

この解決策が何か見つかって欲しいなと

切に望んでいます。

 

 

 

もし仮に私が豊かで余裕があれば

キャンピングカーを何台か買い、

若い人達にお手伝いしてもらい

(もちろんお金は支払いします。たっぷりと)

各地の農家さんのところにお手伝いしに行く。

こんな事ができたらいいな~とか妄想してます(笑)

 

 

 

お礼は「野菜」の現物で(笑)

(ちゃっかり貰うつもりの私です!欲深い!(笑))

 

 

 

自分でもやりたいけれどもうその頃には

役立たずかもしれないので

若い方にお願いする。

投資で稼ぐスキルや副業で稼ぐスキルなんかを

お伝えできればさらに良いな~^^

 

 

 

自分の畑も欲しいです~。

裏庭に小さな畑があってそこで取れた野菜で

お料理する「小料理屋」をするというのも

私の妄想には組み込まれている(笑)

 

 

 

いくら稼げば足りるのでしょうね?

 

 

 

人に喜んで貰えるのなら、これが必要な事なら

きっと神様か龍神様か宇宙さんが

何とかしてくれるでしょう(笑)

 

 

 

最近では異常気象も多いから野菜もすぐ

高騰してしまうので

野菜好きな私としてはなんとか野菜確保したい。

その為にはやはり人の力ってまだまだ必要なのだと

思うからAIもいいけれど

魅力ある農業モデルの構築も望まれますね。

 

 

 

自分でつくるとやっぱり味が違うと感じた。

以前近くの市民農園を借りた事があるのですが

トマトや大根、間引きする人参ですら

美味しかった~。

思い入れが違うのですよね。

 

 

 

いくら年をとってもやっぱり美味しいもの

食べたいですね!

 

 

 

しかし50代おひとりさまの私はテーマが何であれ最終的に

老後のためにもしっかりお金を稼がなきゃって

思ってしまうのですよね~。

執着しすぎなのかも~。

 

 

 

老後も美味しいもの食べれるように歯も大事に!

最近はココナッツオイルでのうがいが

毎日の習慣になりつつあります(笑)

 

スポンサーリンク


カテゴリー

ページの先頭へ